Life Is A Long Dance

Something around YUKKE, my interests, opinions, photos, party information and more and more and more...or nothing.

My recent Favorite. MARTINEZ “Gourmet”.

Four Tet - Sing (Live @ the Dome)

やっぱりね。これですよね。

gregorythme - futurama ep ep - cityfox 003

teclectic:


www.cityfox.in




after a short summer break cityfox is back with it’s 3rd release. gregorythme, who already released the last record as one part of digitaline, shows us again his masterskillz on the synthesizer. the result of the close relationship to his hardware is the futurama ep. the title track indeed sounds very futuristic, maybe retro-futuristic to quote lee jones:

“it sounds like a 1970’s idea of the soundtrack to the future. this would be the easy listening music piped into every monorail in the future cities.”

“summmer” on the flip is gregory’s soundtrack to review the summer season, imagine a real hot summer day with far too much sun, maybe with a cocktail at the beach… perfect to find 2 “hot” remixers for – kabale und liebe made his interpretation together with his mate julien chaptal, and what else could we expect – they made a driving club smasher out of it and barem turned the original into a pumpy hypnotic track with his distinctive signature.

“walking on balls” featuring the vocals of tigerlily is another laid back track to complete this round ep and make it a perfect next step for cityfox! watch out, a lot more is coming up this year!

GREGORYTHME – FUTURAMA EP - CITYFOX 003  by teclectic

Popol Vuh - Improvisation (1971)

Sanae Nishio

昨年の個展「surface」で一気に大ファンになってしまった
大阪在住、西尾早苗さんの個展が7/17〜7/22、AD&A Galleryで開催されます。
テクノ、ミニマル・ミュージックから得るインスピレーションを、
日本画という伝統的な手法で描く作品は、その独特の凛とした佇まいと、特殊な絵具とタッチが生み出す柔らかい質感が魅力で。バッチリ僕のツボです。
コンピューターグラフィックをつかえば恐らくはもっと短時間で簡単に描けるものを(これはあくまでそれに近いもの、という意味で)、
あえて時間をかけて、アナログな手法で描くその姿勢も素敵です。

ただ今回はライブペインティングをまとめた展示「音景」とのことで、
また違った側面が見られそうで楽しみです。 
MORITZ VON OSWALD TRIOの来阪時の作品もありますよ〜。


と、そういえば遂にMORITZ VON OSWALD TRIOのアルバムがリリースされちゃいました。
ライブも最高過ぎてテンションあがりまくった僕ですが、またこのアルバムが素晴らしい。
今年、このあとも何枚も何枚もテクノ周辺のアルバムはリリースされるんだろうけど、
非常に残念ながらコレは越えられないんだろうな、と思うと少し淋しい気もする。

イージーなパーティー・チューンが多いドイツのテクノ〜モダン・ハウスや、世界各地からリリースされる、いわゆるBASIC CHANNEL以降のミニマル・ダブ作品に、さすがに黙っていられなかったんでしょうか。


http://www.honestjons.com/shop.php?pid=34157&CatID=124