Life Is A Long Dance

Something around YUKKE, my interests, opinions, photos, party information and more and more and more...or nothing.

My recent Favorite. MARTINEZ “Gourmet”.

Four Tet - Sing (Live @ the Dome)

そうだな、そういう連中はピッチ合わせができるようになることはない。そういう奴らは「DJ」と呼ばれるべきではない。「オーディオ・テック(技術者)」と呼ばれるべきだ。DJの定義は、物理的なマニュアル操作ができる人間に限られるべきだ。こういう新しい種類の「DJ」は音楽は流しているがDJをしているわけではない。テクノロジーを使って音楽をかけているのだから、「オーディオ・テック」だ。この呼び方を俺は定着させたいと思ってる。DJとオーディオ・テックはまったく違うんだってことをみんな理解して欲しいね。オーディオ・テックが悪いってわけじゃない。ただまったく別モノだから、彼らをDJと呼ぶべきではない。DJに出演してもらうのか、オーディオ・テックに出演してもらうのか、頼む方はよく理解しといてもらいたい。

Interview | intervew with Derrick May――13年振りのミックスCDを発表した
デリック・メイ、インタヴュー - ele-king Powerd by DOMMUNE
(via loopdrive) (via grooveconnection) (via kazcorp) (via crakka

)

audio tech → AT → オートマってことなのかな

(via loopdrive)

(via diex)

その昔、年上の日本のテクノ業界の人といっしょに働いていた時、そのプログレ上がりの人が「テクノはインテリの白人が作る知性的な音楽」と言ったので、「Jeff MillsやDerrick Mayとか黒人ですやん」と言い返したら、真顔で「彼らは白人側の黒人なんだよ」と言った。これ実話。

Twitter / mohero

やっぱりこういう感覚っていうのが日本のテクノ業界での言説の中に確かにあったんだよね。おれも、テクノファンだって言ってるヤツに「ハウスとテクノってどう違うの?」ってアホ面して聴いたら、「ハウスって言うのは、探求心ていうか向上心がない音楽」って言い腐りやがった。

(via goyou) (via kml)

(via diex)

やっぱりね。これですよね。